プラント建設工事は、基本的に「企画→基本設計→詳細設計→施工→アフターサービス」のフローで進められます。
 
このフローの過程で膨大な量の図面が必要となり、工事関係者の間でこれらを円滑に共有するためのシステムが必要になります。
 
弊社では『3D設計』サービスを通じてこれらの膨大な量の図面を1つの3D空間に集約し、『モデルシェア』サービスで「見える化」をサポートしています。
 

導入メリット

干渉チェック機能
(点検口・ガゼットPL干渉)
動線クリアランス検出
(通路クリアランス不足)
取り合い箇所の整合確認
(基礎ズレ)
情報共有の効率化
(ビュワーを用いたオンライン会議)

導入例

 
配管、架構は三次元ソフトで設計されるケースが殆どなので、実際にはすべての図面内容をモデル化する必要はありません。
2D図面で取り扱われる機器類を3Dモデル化し、配管・架構等と同一空間内に統合するだけで、完成予想モデルの「見える化」に近づきます。
 
部門ごとの設計内容の変更にも速やかに対応いたしますので、リアルタイムの設計進捗が共有いただけます。