早い段階で完成予想モデルを作成し、「見える化」することで次のような将来の懸念材料に対して対策を講じることが可能です。
 予定枚数の設置ができるか?
 パネルがガタガタ?
 採用架台で施工できるか?
 発電量予測を下回らないか?

3D設計の特長

 
 

特徴1:傾斜地案件に特化

 

 

造成しない土地でも起伏に合わせたレイアウト

国土の75%を傾斜地が占める日本ではメガソーラーの開発対象は平地から傾斜地へとシフトしました。
その結果、従来の平面的な2次元設計では難易度の高い傾斜地案件が対応しきれなくなっています。弊社の設計サービスは土地をまるごと3次元モデル化してソフトに取り込み、架台を含めた緻密な立体的レイアウト設計を行います。
 

特徴2:採用架台を完全モデル化 

 

架台の構造を精査して忠実に3Dモデル化

傾斜地案件の場合、各メーカの架台性能によって設置の可否が異なるため、設置枚数に大きな違いが生じます。
ご採用の架台を正確に3Dモデル化し、レイアウトに反映するので、根拠のある設置枚数の検証が可能です。

 

特徴3:杭座標管理による施工 


 

 

 

施工管理に寄与し、大幅な工期短縮に貢献

昨今のメガソーラーの規模では、いかに効率よく設計通りに杭を打設できるかがプロジェクト成否を左右します。弊社のサービスでは杭一本一本について付番を行い、杭頭の3点座標(x,y,z)に加え、地表座標、根入れ寸法についても割り出しが可能です。施工管理に大いにご活用いただけます。
 

 

設計事例

 
 

 
ラミング方式やスクリュー方式等の野立て架台の場合、杭打ち後の杭頭位置によってアレイの組み立て形状が決まります。
3D設計による杭座標に従って杭打ちを行うことで設計モデルに極めて近い完成姿となります。
 

導入例

 

プロジェクトの流れ